訪問看護

イメージ:訪問看護 イメージ:訪問看護
アイコン:訪問看護

セントケア・グループは1999年10月、株式会社初の訪問看護ステーションを横浜に開設しました。
以来、少しずつ仲間を増やし、現在42の訪問看護ステーションを全国に展開しています。(2014年1月現在)

訪問看護とは、病気や障害を持った人が、住み慣れた我が家でその人らしく生活を送れるよう、看護師などがご自宅に訪問してケアを提供するサービスです。
そのため、私たちは、日常生活と療養生活の折り合いを見つけながら、その人らしく過ごせる形を、お客様やご家族様と共に探求していくことが訪問看護の役割だと考えています。

病院や施設での看護とは違い、常にそばにいるわけではありません。だからこそ、直接的な医療処置だけでなく、この先の変化を予測し、さまざまな職種の方々と連携を取りながら、お客様やご家族様が安心して生活をしていただけるように支援を行います。

訪問看護をご利用いただける方

年齢や性別、病気の時期を問わず、訪問看護を必要とするすべての方が対象です。
訪問に関しては、介護保険および健康保険(医療保険)をご利用いただけます。

上記保険をご利用されない自費でのサービスにつきましては、個別のご相談をさせていただきます。

サービス内容

訪問看護ステーションでは次のようなサービスを提供しています。

写真:訪問看護サービス内容1 写真:訪問看護サービス内容1
健康状態の観察
  • 血圧・体温・脈拍などのチェック
  • 病気や障害の状態の観察
  • 上記に基づく健康状態の変化を予測した看護
治療継続のための看護
  • 医療機器やカテーテル(管)の管理
  • 床ずれや創傷の処置
  • その他、主治医の指示による処置
  • お薬についての相談
在宅でのリハビリテーション
  • 自立支援のための生活リハビリテーション
  • 生活環境の整備、福祉用具の利用相談
日常生活の看護
  • 食生活・排泄・清潔・睡眠のケア
  • 生活の中で今できていることを続けるためのケア
  • 介護方法のアドバイス
認知症看護
  • 生活リズムの調整
  • 認知症状への介護の相談・工夫のアドバイス
ターミナルケア
  • 症状緩和
  • 心理面の支援
  • ご家族への支援
  • 自宅での看取り
主治医やケアマネジャー、その他関係者との連絡調整
ご家族等への介護支援

訪問看護のご利用方法

イメージ:訪問看護のご利用方法
イメージ:訪問看護のご利用方法
拡大

訪問看護ステーションにご連絡いただいた場合の流れ

ご相談

お客様の健康状態などおおよその状況をお電話でご確認させていただきます。

連絡・調整

主治医と連絡をとり、訪問看護指示書をいただく手続きをします。

訪問看護サービス開始には、主治医の訪問看護指示書が必要です。
介護保険をご利用されるお客様の場合はケアマネジャーにも連絡し、調整をいたします。

初回訪問・契約

ご契約をさせていただきます。健康状態の観察や困っていることなどのお話を伺い、主治医の指示をもとにお客様に合ったサービス内容を決めていきます。

継続訪問

定期的な訪問と必要に応じ臨時・緊急の対応をいたします。(事前の契約内容による)

訪問看護の終了

お客様の状態により訪問看護を終了できます。また、再度必要になった場合は訪問看護を再開することができます。

訪問看護のご利用に際しての費用

利用する公的保険の種類によって自己負担額の割合が異なります。
ご利用希望の訪問看護ステーションにてご説明さしあげます。

訪問看護アセスメント支援システム「看護のアイちゃん」のご案内

イメージ:訪問看護アセスメント支援システム「看護のアイちゃん」 イメージ:訪問看護アセスメント支援システム「看護のアイちゃん」

訪問看護のための、アセスメント手法を開発しました!
(監修:山内豊明教授:名古屋大学)
このアセスメント手法を用いて、アセスメント過程を「見える化」した訪問看護アセスメント・業務支援システム「看護のアイちゃん」も販売しております。

看護のアイちゃん

訪問看護の実際の様子をご覧ください

訪問看護の実際の様子

画面を拡大して見るには

このアイコンをクリック

上図の各動画に設置されている「全画面」アイコンをクリックしていただくと、全画面でご覧いただくことができます。

ページのトップへもどる