グループの歴史

昭和58年
3月
高齢化社会の到来を鑑み、介護サービス事業を営むことを目的に、東京都台東区に日本福祉サービス株式会社を設立
昭和60年
4月
千葉県茂原市で訪問入浴を開始
平成3年
1月
千葉県柏市で訪問介護を開始
平成4年
3月
東京都江戸川区で住宅リフォームを開始
平成11年
10月
神奈川県横浜市で訪問看護を開始
平成12年
4月
介護保険制度の始まりに伴い、居宅介護支援・福祉用具レンタルを開始
平成14年
5月
商号をセントケア株式会社に変更
本店を東京都中央区に移転
平成15年
2月
ホームページ作成やデータ入力請負、印刷物の製作等のアウトソーシング受託業務を目的として、ピアサポート株式会社を設立(現 連結子会社)
平成15年
2月
居宅介護支援事業に特化することを目的として、ケアプランサービス株式会社を設立(現 連結子会社)
平成15年
4月
愛知県名古屋市で通所介護(デイサービス)を開始
平成15年
5月
千葉県君津市で認知症対応型共同生活介護(グループホーム)を開始
平成15年
10月
社団法人日本証券業協会に株式を店頭登録(現在は東京証券取引所JASDAQ市場に上場)
平成17年
5月
千葉県館山市で短期入所型生活介護(ショートステイ)を開始
平成18年
10月
東京都世田谷区で有料老人ホームを開始
平成19年
4月
商号をセントケア・ホールディング株式会社に変更
会社分割により、持株会社体制へ移行
平成19年
7月
北海道内において介護サービス事業を行う北海道介護サービス株式会社(現 セントケア北海道株式会社)を子会社化(現 連結子会社)
平成19年
11月
旧コムスン社の事業を14県で承継(熊本県・宮崎県は12月に事業を開始。)これに伴い、小規模多機能型居宅介護を開始
平成22年
7月
少額短期保険業の展開を目的として、セントケア少額短期保険準備株式会社(現 セント・プラス少額短期保険株式会社)を設立(現 持分法適用会社)
平成23年
7月
セント・プラス少額短期保険株式会社において、少額短期保険業を開始
平成24年
5月
埼玉県内において介護サービス事業を行う株式会社福祉の街を子会社化(現 連結子会社)
平成25年
3月
東京都豊島区で定期巡回・随時対応型訪問介護看護を開始
平成25年
12月
和歌山県和歌山市で複合型サービス(現 看護小規模多機能型居宅介護)を開始
平成26年
10月
株式会社福祉の街にて株式会社アールスタッフを株式取得により子会社化(当社孫会社化)
平成26年
10月
介護ロボットの企画・販売を行うことを目的としてケアボット株式会社を設立(現 連結子会社)
平成27年
7月
秋田県内において介護サービス事業を行う株式会社虹の街を子会社化(現 連結子会社)
平成27年
8月
訪問看護事業の新たな運営モデルを生み出すことを目的として、ちいき・ケア株式会社を設立(現 連結子会社)
平成28年
5月
東京証券取引所市場第二部に上場
平成28年
12月
東京証券取引所市場第一部に指定
平成29年
6月
東京都内において主に訪問看護事業を行う株式会社ミレニアを子会社化(現 連結子会社)
ページのトップへもどる