介護保険ご利用の流れ

市区町村の窓口へ申請

居宅介護支援事業所などでも代行することができます。

調査員の訪問

イメージ:調査員の訪問
認定調査員がご自宅などを訪問し、心身の状態を調査します。

審査結果により、以下のいずれかの状態区分に認定

イメージ:審査結果
イメージ:審査結果
拡大
イメージ:介護保険ご利用の流れ
イメージ:介護保険ご利用の流れ
拡大

要介護度別の支給限度額と利用できるサービス

  支給限度額のめやす
利用者の状態(イメージ)
利用できるサービス(イメージ)
要支援
1
約50,000円/月
基本的な日常生活は、ほぼ自分で行えるが、要介護状態にならないように一部支援が必要。
介護予防通所サービス・介護予防訪問介護(週1回)・介護予防短期入所(月2回)
要支援
2
約104,700円/月
立ち上がりや歩行が不安定。排泄・入浴などで一部介助が必要あるが、改善の可能性がある。
介護予防通所サービス 介護予防訪問介護(週2回)・介護予防短期入所(月2回)・介護予防訪問看護(週1回)
要介護
1
約166,900円/月
立ち上がりや歩行が不安定。排泄・入浴などで、部分的介助が必要。
毎日何らかのサービスが利用できる。
要介護
2
約196,100円/月
立ち上がりや歩行が自力では困難。排泄・入浴などで、部分的または全介助が必要。
週3回の通所リハビリテーションまたは通所介護を含めて、毎日何らかのサービスが利用できる。
要介護
3
約269,300円/月
立ち上がりや歩行などが自力ではできない。排泄・入浴・衣服の着脱などで、全介助が必要。
夜間の巡回訪問介護を含めて、毎日何らかのサービスが利用できる。
要介護
4
約308,000円/月
日常生活を行う能力がかなり低下している。排泄・入浴・衣服の着脱など多くの行為で全介助が必要。
夜間の巡回訪問介護を含めて、1日2~3回のサービスが利用できる。
要介護
5
約360,600円/月
日常生活を行う能力が著しく低下している。生活全般について全介助が必要。
早朝・夜間の巡回訪問介護を含めて、1日3~4回のサービスが利用できる。
  支給限度額のめやす 利用者の状態(イメージ) 利用できるサービス(イメージ)
要支援1 約50,000円/月 基本的な日常生活は、ほぼ自分で行えるが、要介護状態にならないように一部支援が必要。 介護予防通所サービス・介護予防訪問介護(週1回)・介護予防短期入所(月2回)
要支援2 約104,700円/月 立ち上がりや歩行が不安定。排泄・入浴などで一部介助が必要あるが、改善の可能性がある。 介護予防通所サービス 介護予防訪問介護(週2回)・介護予防短期入所(月2回)・介護予防訪問看護(週1回)
要介護1 約166,900円/月 立ち上がりや歩行が不安定。排泄・入浴などで、部分的介助が必要。 毎日何らかのサービスが利用できる。
要介護2 約196,100円/月 立ち上がりや歩行が自力では困難。排泄・入浴などで、部分的または全介助が必要。 週3回の通所リハビリテーションまたは通所介護を含めて、毎日何らかのサービスが利用できる。
要介護3 約269,300円/月 立ち上がりや歩行などが自力ではできない。排泄・入浴・衣服の着脱などで、全介助が必要。 夜間の巡回訪問介護を含めて、毎日何らかのサービスが利用できる。
要介護4 約308,000円/月 日常生活を行う能力がかなり低下している。排泄・入浴・衣服の着脱など多くの行為で全介助が必要。 夜間の巡回訪問介護を含めて、1日2~3回のサービスが利用できる。
要介護5 約360,600円/月 日常生活を行う能力が著しく低下している。生活全般について全介助が必要。 早朝・夜間の巡回訪問介護を含めて、1日3~4回のサービスが利用できる。

サービス利用にかかる費用は、原則として1割を利用者が支払い、残りが介護保険からの支給となります。支給限度額は、介護保険で利用できる金額の上限額のめやすです。上限を超えたサービスの費用は、全額自己負担となります。

ページのトップへもどる